この記事は日経ビジネス電子版に『欧米に光明も残る課題 シャープ傘下「dynabook」の現在地』(8月6日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』8月16日号に掲載するものです。

世界初のノート型パソコンとして発売され、かつてその名をとどろかせたブランド「dynabook(ダイナブック)」。 東芝からシャープ傘下に入り、間もなく3年。2021年度の上場を目指している。新型コロナウイルス禍で欧米事業に光は見えたようだが、再興に向けやるべきことは多い。

<span class="fontBold">学校に売り込んだが、国内では海外勢に押された(右は覚道社長)</span>(写真=右上:村田 和聡)
学校に売り込んだが、国内では海外勢に押された(右は覚道社長)(写真=右上:村田 和聡)

 「欧米での販路開拓がうまくいっている」。ダイナブック(東京・江東)の覚道清文社長はこう話す。コロナ禍で日本よりも規制が厳しく、ロックダウン(都市封鎖)の続いた欧州が特に伸びた。

 シャープの傘下に入ったのは2018年10月。かつて中期経営目標で示した20年度の売上高海外比率の目標は42%。18年度(当時見込み)の22%から、現在は「4割に近いところまでいった」と覚道社長は話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1056文字 / 全文1485文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/