この記事は日経ビジネス電子版に『好調の自動車「欲しくても買えず」 受け皿にカーシェアが浮上』(8月10日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』8月16日号に掲載するものです。

トヨタ自動車が最高益を更新し、日産自動車が黒字転換を果たした2021年4~6月期決算。コロナ禍の影響が大きかった前年から急回復したが、半導体不足や変異株の問題が影を落とす。消費者が欲しくても買えない状況が続く中、新しい利用形態がさらに広がりそうだ。

 「米国を中心に市場環境が好転している。販売の質の向上や財務基盤の改善を着実に進められた」。日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者は7月28日に開いた決算会見でこう述べ、低迷からの脱却を印象づけた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1063文字 / 全文1387文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/