この記事は日経ビジネス電子版に『山口FG、株主総会直後のトップ解任は「クーデター」か』(7月13日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』7月19日号に掲載するものです。

山口銀行を傘下に置く山口フィナンシャルグループの吉村猛会長兼CEO(最高経営責任者)が役職を解任された。株主総会直後の取締役会で、再任が否決されたため、「クーデターではないか」との見方も広がっている。ガバナンス(企業統治)の観点から詳細な説明を求める声もある。一体、何があったのか。

解任された山口フィナンシャルグループの吉村猛会長(写真=共同通信)

 「本当に現実に起きたことなのか。話が大きすぎて信じられない。世間もこの事案をうまくのみ込めていないのではないか」。こう声を震わせるのはある地方銀行の幹部だ。銀行界でガバナンス(企業統治)に関わる前代未聞の“事件”が起きた。

 舞台となったのは、山口銀行などを傘下に置く山口フィナンシャルグループ(FG)。同社は6月25日の株主総会直後に開かれた臨時取締役会で、吉村猛会長兼CEO(最高経営責任者)の再任を否決したと発表した。吉村氏は会長を事実上解任され、代表権のない取締役にとどまり、CEOは椋梨敬介社長が就くこととなった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1001文字 / 全文1511文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。