この記事は日経ビジネス電子版に『お届けは「当日」から「最短15分」に、激化するEC宅配の時短競争』(7月12日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』7月19日・26日号に掲載するものです。

ネット通販の配達時間をどれだけ短縮できるか。ラストワンマイルを巡る競争が激しさを増している。Zホールディングスは「出前館」を活用して最短15分に挑み、ヤマダデンキも高速配送を強化する。食事配達などの空き時間活用につながる一方で、過当競争は不毛な消耗戦と紙一重だ。

 日用品や食料品を注文から最短15分でお届けします──。ヤフーやLINEを抱えるZホールディングス(ZHD)は7月末に、こんな実証実験を始める。

 ZHDが活用するのは、グループ内でフードデリバリーを手掛ける出前館だ。傘下のアスクルが販売する日用品など、売れ筋の約300品目を地域の専用倉庫に保管。注文が入れば出前館の配達員が倉庫に取りに行き、最短15分で商品を届けるという。ZHDの川邊健太郎社長は「様々な配送方法を選べるようにして、顧客の利便性向上につなげたい」と期待を寄せる。

 ネット通販の弱点は注文から配達までの「タイムラグ」だ。EC(電子商取引)事業者は宅配事業者と組んだり自社物流網を整備したりして「時短」に挑んできた。新型コロナ禍で巣ごもり消費が普及し、その競争が激化している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り846文字 / 全文1431文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。