この記事は日経ビジネス電子版に『日本郵政、再生のカギ握る「デジタル郵便局」 コンビニと戦えるか』(7月7日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』7月19日号に掲載するものです。

日本郵政がデジタル化を加速させるための戦略子会社「JPデジタル」を8月にも稼働させる。業務効率化やサービス拡充を進め、稼げる「デジタル郵便局」網を広げるのがその目的。地域を支える「生活基盤のプラットフォーマー」を狙うが、コンビニエンスストアなどライバルも多い。

人手に頼る部分も多い郵便局の業務を変えられるか(写真=共同通信)

 日本郵政が創業150年目の大勝負に動き始めた。キーワードは「デジタル化」だ。業務の効率化や利便性向上を進め、新たなビジネスにもつなげる狙いがある。この1年以上は金融商品販売にからむ不祥事の対応に追われてきた。上場から5年半が経過し、改めて持続可能なビジネスモデルへの転換へアクセルを踏む。

 その中核を担うのが、8月にも稼働する子会社「JPデジタル(東京・千代田)」だ。主な事業内容には「DX推進の支援」「デジタル関連サービス・ソリューションの開発・試験・運用」「デジタルテクノロジーを活用した新規サービスの企画・構築・提供・運用」などが並ぶ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り980文字 / 全文1484文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。