この記事は日経ビジネス電子版に『新型コロナにも効果、「深紫外線」でヒット飛ばす日機装』(6月21日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』6月28日号に掲載するものです。

紫外線の中で280ナノ(ナノは10億分の1)メートル以下の短い波長の光、深紫外線のLED技術が注目されている。太陽光には含まれているが、オゾン層で吸収されるため、地表には届かないものだ。地上に存在せず目にも見えない光をLEDで作り出し、コロナ下で殺菌や空気の浄化に応用した製品が広がっている。

 幅18.7cm、奥行き12.9cm、高さ26.8cm。机の上に置ける大きさで8畳の空間を除菌、消臭する日機装の「エアロピュア シリーズS」が6月、ウエルシア薬局、スギ薬局に並んだ。それぞれ全国10店舗の販売店舗を順次増やす。参考価格は7万400円(税込み)。

 シリーズSは2020年1月に業務用として発売し、年6万台弱を売るヒットとなった。21年3月末で全国8500以上の医療関連施設が導入し、ホテル、シェアオフィスに販路を広げた。一般消費者から「実物を見たい」という声が寄せられたため実店舗に卸すことにした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1043文字 / 全文1543文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。