ジョー・バイデン 米大統領

6/10@英コーンウォールで演説
私たちはワクチンの寄付で政治的な見返りや譲歩を求めない。命を救い、パンデミックを終わらせる

(写真=AFP/アフロ)

英国コーンウォールで開かれた主要7カ国首脳会議は中国への対抗姿勢を打ち出した。途上国に新型コロナウイルスのワクチン計10億回分を提供することや、インフラ整備を支援する枠組みの創設で合意。「ワクチン外交」や「一帯一路」で国際的な影響力を強める中国をけん制した。共同宣言には中国の人権問題や台湾問題も盛り込んだ。ただ中国と安全保障上の懸念が少ない仏独は日米などの強硬姿勢とは距離を置いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り854文字 / 全文1123文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。