この記事は日経ビジネス電子版に『“動画映え”で家飲み需要に火をつけたアサヒ「生ジョッキ缶」』(5月18日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』5月24日号に掲載するものです。

アサヒビールが4月に発売した「スーパードライ生ジョッキ缶」の人気が爆発し、販売の一時停止が続いている。ふたを全開にするとこんもりとした白い泡が立ち、店で飲む生ビールのような風合い。何より動画が映える。ビールの魅力を再認識してもらい、若年層に訴求する両取りに成功したが、供給がおぼつかない悩みを抱えている。

 「もこもこの泡が出てアトラクションみたい」「クリーミーな泡がお店の生ビールのようだった」──。これらは「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」を開封した写真に添えてツイッターに投稿された消費者の感想だ。4月6日にコンビニエンスストアで先行販売した生ジョッキ缶はSNS(交流サイト)などを通じたキャンペーンで潜在需要が膨らみ供給が追い付いていない。

 先行販売の2日後に出荷を一時停止。4月20日に全国発売したが翌日に再び出荷を止めた。想定外の速さで同月分の98万箱(1箱=340ml×24缶)が売れたためだ。6月15日から改めて販売するが、30万箱に数量を限定している。

 生ジョッキ缶は缶胴内側に特殊な塗料を焼き付けたクレーター状の凹凸がある。開封時に缶内の圧力が解放されると、この微細な凹凸部分から発泡する仕組みだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り944文字 / 全文1554文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。