この記事は日経ビジネス電子版に『ガンプラ愛好家が仰天、苦節10年の開発で生み出した驚きの塗料』(4月22日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』5月17日号に掲載するものです。

ガンダムのプラモデル、「ガンプラ」愛好家から火が着いた塗装用のペンがある。老舗商社GSIクレオスが発売したもので、鏡面のように輝く仕上がりが特徴だ。愛好家に応えようとした開発の努力が、巣ごもり需要の中で実った。

鏡面のように輝く(商品企画:BANDAI SPIRITS、©創通・サンライズ)

 キラキラと輝きを放ち、鏡のように美しい──。4月から出荷され始めた塗装ペンの新商品が、プラモデルの出来栄えを見事に高めている。その色は「ガンダムメッキシルバー」と呼び、ペンでさっと塗るだけで、筆跡が残らないきれいな仕上がりを楽しめる。

 GSIクレオスが、約50色ある「ガンダムマーカーEX」シリーズから発売した。バンダイスピリッツ(東京・港)と協力して製造している。1本660円(税込み)の価格は他の商品の倍以上にもかかわらず、初回の生産ロットで出荷した数万本は1週間もたたないうちに完売した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り963文字 / 全文1421文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。