この記事は日経ビジネス電子版に『「シリコンウエハーが足りない」、半導体揺るがすもう一つの影』(4月26日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』5月10日号に掲載するものです。

半導体不足が深刻化する中、新たなリスクが浮上した。材料となるシリコンウエハーの逼迫だ。増産要請は強まる一方だが、ウエハー世界2位のSUMCOなどは慎重姿勢を崩さない。下位メーカーを引き離す技術力を前面に値上げを勝ち取れるかが、投資判断の決め手になる。

 「早く増産してくれないか」。半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)は2月以降、SUMCOに対して要請を繰り返している。主に先端品の製造に使う直径300mmタイプのシリコンウエハーの逼迫感が強まっているからだ。

 SUMCOの推計によると、世界の半導体メーカーは平均で、2020年初頭に300mmウエハー在庫を1.6カ月分保有していた。一方で足元の2月は1.3カ月分まで減少した。「CPU(中央演算処理装置)や機器制御に使うロジック半導体向けで、需要に供給が追いつかない状況になっている」(SUMCOの橋本真幸会長兼最高経営責任者=CEO)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り980文字 / 全文1476文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。