牛丼3社の一角、吉野家ホールディングスの2021年2月期の連結決算は、最終損益が75億円の赤字となった。中核の吉野家事業は利益を確保したものの、うどんの「はなまる」やすしの「京樽」が巨額の赤字を出した。だが、4月1日に京樽事業を売却し、身軽になった。ポートフォリオの簡素化で今期の巻き返しを狙う。

<span class="fontBold">アークミールに続き、京樽も手放した。牛丼に集中する</span>
アークミールに続き、京樽も手放した。牛丼に集中する

 吉野家HDが4月13日に発表した2021年2月期の連結決算は、売上高が1703億円(前の期比21.2%減)と8年ぶりの低水準で、最終損益は75億円の赤字(前の期は7億円の黒字)となった。コア事業の吉野家は既存店売上高が前の期比91.5%。都心店の多い松屋の86.4%(21年3月期)を上回ったものの、すき家(同)の97.8%とは差がある。仕入れコストや食品ロスの削減などが効き、セグメント利益は41億円を確保した。

 足を引っ張ったのは吉野家以外の事業だ。うどんチェーン「はなまる」は売上高が前の期比34.1%減の203億円、セグメント損失は31億円となった。持ち帰りすしや回転ずしチェーンを持つ「京樽」も売上高が33.8%減の188億円でセグメント損失は22億円。2業態の不調が際立つ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り904文字 / 全文1404文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。