東芝は4月14日、経営トップである車谷暢昭氏が辞任したと発表した。株主との対立で退任が有力視されていたが、古巣からの買収提案が決定打になった。今後も上場を維持するには、株主を納得させる成長ストーリーが必要になる。

車谷暢昭氏(左)が社長兼CEOを辞任し、綱川智氏が後を継ぐ(写真は2018年2月の経営トップ就任会見)(写真=記者会見:Bloomberg/Getty Images)

 「車谷さん本人は続投に意欲的だったが、追い込まれた。最終的に花を持たせようとして何とか形になった」。東芝経営幹部の一人は、今回の社長交代劇をこう解説する。

 東芝の車谷社長兼CEO(最高経営責任者)が4月14日付で辞任し、綱川智会長が社長兼CEOに就いた。記者会見に登壇した永山治・取締役会議長(中外製薬名誉会長)は「車谷氏から辞任の申し出があり受理した。東芝の経営にもたらした新しい知見、経営再建の功績に敬意を表したい」と評価した。車谷氏本人は会見場に姿を見せず、次のようにコメントした。「激務から離れて心身共に充電したい。再生ミッションを成し遂げ、『天命』を果たせた」

 永山氏は本人が納得した上での「円満辞任」だと強調したが、額面通りに受け取る向きはない。冒頭の幹部に加え、複数の関係者は交代劇が「必然」だったと口をそろえる。今年6月の定時株主総会で車谷氏が退任することは、既定路線とみられていたからだ。

過半数獲得を疑問視

 理由は2つある。まずは主要株主との対立だ。東芝は上場維持のために2017年末に約6000億円の増資を実施し、アクティビスト(物言う株主)の出資を受け入れた。銀行出身の車谷氏は株主との対話役を期待され、18年に経営トップとして招かれた。

 期待は裏目に出た。車谷氏は株主が納得する成長戦略を示せず、防御に終始。「対話そのものを避けるような姿勢もみられた」と関係者は明かす。20年の定時株主総会では、車谷氏の再任への賛成票は57%にとどまっていた。

続きを読む 2/2 株価5000円をめぐる攻防

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1340文字 / 全文2244文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。