ジョー・バイデン 米大統領

4/16@記者団に
我々はインド太平洋地域の自由で開かれた未来のために、中国からの挑戦や東シナ海などの問題に取り組む

(写真=AP/アフロ)
(写真=AP/アフロ)

日米両国首脳は4月16日に米ホワイトハウスで初めて会談し、インド太平洋地域や新型コロナウイルス対策、気候変動などの問題に両国が協力して対応していくとの共同声明を発表した。中国を意識した内容の文言も見られ、台湾海峡の平和と安定の重要性や新疆ウイグル自治区などの人権問題にも触れた。バイデン大統領は「21世紀でも民主主義が勝てると証明するため我々は協力していく」とも述べた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り878文字 / 全文1136文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。