ジョー・バイデン 米大統領

3/25@ホワイトハウス
フィリバスター(議事妨害)の慣習がひどく乱用されている。私が議会に来たときの方法に戻すべきだ

(写真=AFP/アフロ)

バイデン大統領は3月25日、就任後初となる公式の記者会見で、米上院の慣習である「フィリバスター(議事妨害)」を修正する可能性に言及した。米上院ではフィリバスターを宣言することで、討論を無制限に続けて法案の可決を阻止できる。上院では民主党と共和党が50対50で議席を分け合い、バイデン氏は議会運営の難しさに直面している。銃規制の強化など民主党が提出する法案が通りやすくなる方法を模索している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り901文字 / 全文1173文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。