ジョー・バイデン 米大統領

1/20@大統領就任演説
1月のこの日、私の魂は、この国を団結させることにある。人々、そしてこの国を強く結びつける

(写真=AP/アフロ)

第46代米大統領に就任したバイデン氏は、就任演説で繰り返し「団結」を訴えた。「ワシントンから皆さんに権力を戻す」などと発言し、国内の分断をあおった前大統領のドナルド・トランプ氏の就任演説とは対照的な内容だった。またバイデン氏は「同盟国との関係を修復し、再び世界と関わる」とも話し、米国第一主義からの修正を明言。就任後は早速パリ協定に復帰する大統領令に署名するなど、国際協調路線を示している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り968文字 / 全文1489文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。