ドナルド・トランプ氏

1/12@米テキサス州で演説
弾劾訴追というペテンは米国史上最も悪質な魔女狩りだ。国内に大きな怒りと分断、苦痛をもたらしている

(写真=ロイター/アフロ)

トランプ氏が1月6日、米大統領選の結果を覆すために「闘うべきだ」などと演説した直後、同氏の支持者らが連邦議会議事堂に乱入。事態を重く見た米民主党が弾劾訴追に動き出したことにトランプ氏は「魔女狩りだ」と反発するも、米下院は1月13日に弾劾訴追の決議案を可決した。米大統領が2回目の弾劾訴追を受けるのは史上初。1月20日のバイデン新大統領の誕生で、国内外に混乱をもたらしたトランプ政権は幕を下ろすことになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り933文字 / 全文1218文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。