KDDIは新プラン「povo(ポヴォ)」を発表、月20ギガ(ギガは10億)バイトで2480円(税別)とした。1回5分以内の通話無料や、24時間だけデータ容量が無制限になるメニューを別料金で選べるようにした。通信会社はニーズと合っていないサービスで収入を得ていた面があるが、そうした時代は終わりに近づいている。

 KDDIが3月から提供する新プランは、専用アプリで契約・解約するオンライン専用サービスだ。価格はNTTドコモの「ahamo(アハモ)」やソフトバンクの2980円と比べ、500円安い。

 ドコモとソフトバンクは1回5分以内の無料通話を含んでいる。KDDIは含まないが、月額500円で同じメニューが使える。同社は、消費者が無料通話を付けるか付けないか選べるという点に重きを置いた。

 高橋誠社長は「20代以下のユーザーの約6割は、月10分未満しか音声通話の機能を使っていない」と話す。MM総研の横田英明研究部長は「対話アプリなどで電話する若者が増えた。通話料金を別に分け、選択肢を提供することは理にかなっている」と話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り886文字 / 全文1356文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。