二酸化炭素排出のコストを設定し、投資判断に使う動きが日本でも広がっている。事業部門や工場が、排出量の少ない設備を選択することを後押しする。 炭素価格という「アメとムチ」を事業や投資計画に取り入れる事例は増えそうだ。

(写真=Stanislav Kogiku/アフロ)
(写真=Stanislav Kogiku/アフロ)

 「将来を考えれば、インターナル・カーボン・プライシング(ICP)が必要になるんじゃないか」──。2020年7月に開かれた帝人のオンラインでの役員合宿。鈴木純CEO(最高経営責任者)はこう口火を切った。帝人は20年度からの3カ年の中期経営計画に、30年度に温暖化ガスを18年度比で20%、50年度に実質ゼロにする目標を盛り込んだ。議論の末、目標達成に有効な手段になるとしてICP採用が決まった。

 1月18日、菅義偉首相は施政方針演説で「カーボンプライシング(CP)に取り組んでいく」と表明した。政府による「炭素税」などの規制をCPと呼ぶ一方、企業自ら二酸化炭素(CO2)の排出をコストと位置づけるのがICP。社内で独自に設定した炭素価格をベースに、各事業部門が工場に設置する機器の選定など投資判断に用いる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1643文字 / 全文2116文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。