全1392文字

この記事は日経ビジネス電子版に『いすゞがタイで絶好調 後押しした「新常態」需要』(2020年12月25日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』2021年1月11日号に掲載するものです。

コロナ禍や政情不安に揺れるタイの自動車市場で、いすゞ自動車が販売台数を大きく伸ばしている。2020年1~11月の累計では16年以来で最高の販売台数を記録した。都市から地方への人の動きやネット通販の隆盛など、新常態が生んだ需要が販売を支えている。

タイで販売が好調な、いすゞ自動車のピックアップトラック「D-MAX」

 日系メーカーの牙城であるタイの自動車市場が復活しつつある。新型コロナウイルスの感染拡大によって、観光を柱とするタイ経済は大きな打撃を受けた。アジア開発銀行によれば2020年の経済成長率はマイナス7.8%に沈む見通しだ。その中で底堅いのが自動車産業。タイ工業連盟(FTI)によれば20年11月の新車販売台数は前年同月比2.7%増の7万9177台と、18カ月ぶりに前年同月を上回った。

 けん引したのはピックアップトラックが主力のいすゞ自動車だ。同社の11月の販売台数は1万7577台と前年同月比で20%(約3000台)増え、シェアを4%拡大させた。市場全体の同月増加分を上回る伸びで、いすゞを除けば市場全体はマイナスだった。