三井不動産が首都圏で、飲食や衣料、美容といった多様な店舗を臨時に設ける「移動商業店舗」を開いた。外出自粛などによる消費低迷に対応すべく、需要のある場所へテナントを移動させる。不動産ではなく“移動産”──。「決まった場所に人を集める」という従来の事業の概念を打ち破る試みだ。

三井不は商業施設「ららぽーと」などへの出店事業者に声をかけ、様々な商品・サービスがそろう「移動商業店舗」をつくる

 長時間のテレワークでおなかが空いたから、自宅マンションの敷地に出ているトラック店舗で料理を買おう。ついでに、癒やしを求めてお香を購入。そうだ、靴もここで試着しておこう──。生活者の様々な消費意欲を喚起しようと、三井不動産が実験として取り組み始めたのが移動商業店舗だ。

 12月20日まで約3カ月間、グループで管理する高層マンションなどの敷地で開いた。対象エリアは東京都江東区のマンション「ザ・トヨスタワー」の他、中央区や板橋区、千葉市の計4カ所。10事業者11店舗が参加した。

 三井不は商業施設「ららぽーと」などへの出店事業者に声をかけ、参加を促した。飲食では煮込み料理やクレープ、衣料品ではスーツや靴。美容整体のサービスの他、お香の販売や包丁研ぎというユニークな店も参画した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り926文字 / 全文1409文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。