ジョー・バイデン前米副大統領

12/11@記者会見
中国による不公正な貿易慣行の見直しはバイデン・ハリス政権でも優先事項だ

(写真=ユニフォトプレス)

バイデン氏は新政権で通商代表に指名するアジア系米国人のキャサリン・タイ氏について「オバマ政権で中国による不公正な貿易慣行の見直しに対処してきた」と紹介。新政権が知的財産権の侵害などで中国に厳しく対処する方針を示した。一方、国防長官には4年前に退役したばかりのロイド・オースティン元陸軍大将を指名する。文民統制の観点から反対意見もあるが、バイデン氏は12月9日の記者会見で理解を求めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り925文字 / 全文1183文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。