携帯最大手のNTTドコモやアパレルのジーユー(GU)などが相次いで値下げしている。消費者がコロナ禍を受けて支出を抑えており、個々の企業にとって値下げは理にかなった戦略だ。ただ雇用などの先行き不安から財布のひもは固い。値下げだけが広がれば、景気悪化のスパイラルに陥りかねない。

NTTドコモの井伊社長が発表した新プラン「アハモ」の料金はKDDIやソフトバンクより安く、新規参入して格安料金を打ち出している楽天と同じだ

 「弱点だった若い層を狙いたい」。ドコモの井伊基之社長は12月3日、安さを前面に出した新プラン「アハモ」を発表した。ネット検索やメールのデータ通信が20ギガ(ギガは10億)バイト使えて月2980円。この容量ではKDDI、ソフトバンクのサブブランドを下回り、大手では楽天モバイルと同じ最安値だ。

 井伊社長は新プランの他に既存プランの値下げも宣言した。KDDIやソフトバンクは対抗値下げを迫られる。ドコモから回線を借りて携帯電話サービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)の日本通信は4日、さっそく料金引き下げを発表した。

 値下げの動きは通信業界にとどまらない。ファーストリテイリング傘下のジーユーは1日、2021年の春夏商品を大幅に値下げすると発表。ワンピースなどのマストレンド商品が対象で、最大で約3割下げる。

縮むパイの奪い合い

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2336文字 / 全文2936文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。