新型コロナウイルスに伴うアパレル不況は、多くの企業を終わりが見えない泥沼に引きずり込んでいる。とりわけ苦しいのがスーツ事業。しぼんだ需要は戻らないという見方に業界は傾き始めた。紳士服大手は、かねて取り組むアパレル以外の別業態を、主力事業へと位置付け始めている。

<span class="fontBold">AOKIは複合カフェの展開に力を入れている(東京・豊島)</span>
AOKIは複合カフェの展開に力を入れている(東京・豊島)

 緊急事態宣言の解除から半年。ファーストリテイリングやしまむらが落ち着きを取り戻す中、紳士服大手は苦しい戦いを強いられている。AOKIホールディングスは2021年3月期の連結売上高が前期比16%減る見通し。青山商事も21%減を見込み、約400人の希望退職を募集している。

 新型コロナによる在宅ワークの浸透や対面回避により、仕事着のカジュアル化が加速している。流通ファッションコンサルタント、小島ファッションマーケティング(東京・渋谷)の小島健輔代表は「この流れはもう変わらない」と話す。「既製品のスーツを着る必要がなくなる。AOKIや青山商事はストレッチなどが効いた機能性スーツかパターンオーダーに注力する以外ない」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り949文字 / 全文1394文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。