金融庁は、合併・統合を選択した地方銀行を新たに支援する制度を固めた。預金保険機構の利益剰余金を原資に、支援金で再編を手助けする仕組みだ。かつて公的資金を入れた地銀の再編を促す狙いもあるが、効果と本気度はなお見えにくい。

<span class="fontBold">金融庁は地銀の再編コストを負担する支援金制度を創設する</span>(写真=PIXTA )
金融庁は地銀の再編コストを負担する支援金制度を創設する(写真=PIXTA )

 「ポストコロナの地域経済を支える役割が期待されているが、将来的に役割を十分果たせない恐れがある」。金融庁が11月の審議会で強い懸念を示したのは、地方銀行をはじめ地域金融機関の今後の経営について、だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1167文字 / 全文1383文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。