政府は11月24日、医療体制の逼迫を理由に大阪、札幌両市着の旅行をGo Toトラベルの補助対象から外した。本誌が推計したところ、両市を目的地とする旅行は全体の9%ほどを担っていることが判明した。観光需要を下支えするGo Toだが、感染状況によって押し引きを繰り返す難しさが改めて鮮明になっている。

(写真=共同通信)
(写真=共同通信)

 「医療崩壊の懸念があるので仕方ないが本音では制限してほしくなかった」。宿泊施設の業界団体幹部はこう語る。新型コロナの第3波による感染拡大で大阪市と札幌市が12月15日までGo Toトラベルの補助対象外となった。

 コロナで落ち込んだ経済を支え、旅行業界の倒産を食い止めるのがGo Toの目的だ。大阪・札幌の一時除外はその効果をどの程度目減りさせるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2576文字 / 全文2929文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。