米ファイザーが開発した新型コロナウイルスのワクチンに95%の有効性が認められ、世界が希望に沸いている。だがワクチンの効力維持にはマイナス70度での保管が必要で、配布時の大きな壁となりそうだ。日本は米国よりも多い同社製ワクチンの購入を約束している。日本での配布時の課題と解決策を考えてみた。

ファイザーのワクチンはマイナス70度での保管が必要(写真:ロイター/アフロ)

 95%という高い有効性が認められた米ファイザーの新型コロナウイルスワクチン。基本的にセ氏マイナス70度での保管が必要になる点が米国で問題視されている。

 94.5%の有効性が認められた米モデルナのワクチンの場合、保管温度はマイナス20度。後者なら一般的な冷凍庫で事足りるが、マイナス70度となると病院ごとに「2万ドルのコストがかかる」(米CNNニュース)とされ、配備するのは容易ではない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り996文字 / 全文1344文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。