全1192文字

ジョー・バイデン前米副大統領

11/10@記者会見
我々はゲームに戻ってきた。米国の人々は孤独ではない。私は今や6人の世界のリーダーと話す機会がある

(写真=ロイター/アフロ)

バイデン氏は11月7日の勝利宣言以降、国際協調路線を強く打ち出している。英国やドイツ、フランスなどの首脳と電話会談し、安全保障や気候変動などについて話し合った。12日には菅義偉首相とも電話会談し、尖閣諸島の防衛について言及するなど、日米同盟を強化する姿勢を見せた。米国第一主義を掲げたトランプ氏とは異なり、「パリ協定」にも復帰する見込み。敗北を認めないトランプ氏については「恥ずべきこと」と批判している。