全1184文字

ホンダが「レベル3」の自動運転機能を搭載した新型車で世界初の認可を受けた。技術的なハードルをクリアできても保安基準などの法制度が追いつかず、実用化はこれまで進まなかった。日本は政府が急ピッチで環境整備を進めた。規制の壁が高いとの汚名を返上するきっかけになるか。

「レベル3」を搭載するホンダの「レジェンド」
レベル3以上はシステムが運転を担うため法制度の整備が欠かせない
●自動運転車のレベル分け

 ホンダは11月11日、「レベル3」の自動運転機能を搭載した高級車「レジェンド」を2020年度中に発売すると発表した。同日には国土交通省も型式指定を行ったと発表。レベル3の実用化を国が認可したのは世界初となる。