ニトリホールディングスがホームセンターの島忠に対し、TOB(株式公開買い付け)に乗り出す意向を表明した。DCMホールディングスとの争奪戦となったが、両社のTOB価格には大きな開きがある。DCMの1株4200円に対し、ニトリの提示額は5500円。「お、ねだん以上。」で買ってしまうリスクもはらむ。

ニトリのTOB価格は5500円。島忠の価値はホームセンターだけではないようだ

 「信じられない価格」「M&Aに慣れていないため?」。ニトリがTOB価格を発表した10月29日以降、M&A関連業界ではこんな声が上がっている。「高すぎる」というのが共通認識だ。ニトリに大型M&Aの経験がないのは確かだが、5500円は本当に高いのだろうか。

 ニトリがファイナンシャルアドバイザーに起用した大和証券は複数の手法で島忠の株式価値(買収した場合のシナジー効果は含まない)を算定した。市場株価法と類似会社比較法では2000円台から4000円台、ディスカウント・キャッシュ・フロー法で2964円~5763円となっている。確かに5500円はやや高いという印象がぬぐえない。

 関係者が首をかしげるのは「後出しで有利なのになぜ高めのタマを投げたのか」だ。後から参入するのだから4500円や5000円でいいのに5500円に設定。ニトリ関係者は「DCMがついてこられないように一発で決めに行った」というが、それにしてもという声がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り902文字 / 全文1471文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。