経営不振の大塚家具を率いてきた大塚久美子社長が12月1日付で辞任すると表明した。2015年の実父との経営権争いには勝ったが、その後は一貫して行き詰まり、経営能力に疑問符が付いていた。親会社のヤマダHDによる事実上の更迭と受け止められているが、大塚氏は最後まで花道を探し求めていたようだ。

ヤマダHDの山田昇会長からは昨年12月、「チャンスを与える」と言われていた

 「とりあえず1年」。家電量販最大手のヤマダ電機(現ヤマダホールディングス)が大塚家具の子会社化を発表した2019年12月、山田昇会長は周囲にこう漏らした。記者会見では「チャンスを与える」と、期間を明言せずに猶予を与えると話していたが、当初からその期間は1年と考えていたようだ。

 そして1年後の20年12月1日で大塚社長は辞任する。「やはりダメだった」(ヤマダHD関係者)と評されている。

 この間、ヤマダHDには不満がたまっていた。子会社になった後に大塚氏と会話をした幹部は「助けてもらっているとは思えない言動で、我々の助言を聞いてくれない」と漏らしていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1001文字 / 全文1431文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。