三菱重工業は国産初の小型ジェット旅客機「三菱スペースジェット(MSJ)」事業を事実上凍結する方針を明らかにした。初号機の納期をこれまでに6度延期しており、新型コロナウイルスによる航空機需要の消失が追い打ちをかけた。完成機開発の取りまとめや型式証明(TC)取得は確かに難しい作業だ。だが背後におごりがなかったと言えるだろうか。

三菱重工業は三菱スペースジェットの事業化で迷走した(写真=共同通信)

 「いったん立ち止まり、再開のための事業環境整備に取り組む。市場回復をしっかり見て、それ以降の事業展開は状況次第だ」。10月30日の説明会で泉沢清次社長はスペースジェット事業からの撤退の可能性を問われ、慎重に言葉を選びながら答えた。

 2024年3月期までの3年間の開発費は200億円と、直前3年間の3700億円から95%削減する。「開発作業は大幅スローダウンする。飛行試験に基づくTC取得作業は進める」と泉沢氏は話した。三菱重工幹部は「これだけ少ない予算だとTC取得に欠かせない米国での試験飛行は無理だし、量産準備もできない。事業凍結と言われても仕方がない」と解説する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1022文字 / 全文1476文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。