国内化学最大手の三菱ケミカルホールディングス(HD)が10月23日に発表した社長人事は産業界を驚かせた。越智仁社長(68)が退任し、外部からベルギー出身のジョンマーク・ギルソン氏(56)が就任する。総合化学大手で外国出身者が社長に就くのは初めて。異例尽くしの人選から、同社の強い危機感がうかがえる。

会見は越智氏、橋本氏に加え、ギルソン氏がオンラインでフランスから参加

 外国出身者の社長就任が異例なら、選ぶ過程も異例尽くしだった。

 社内3人と社外4人が残った最終候補者のうち社外はいずれも外国人。社内候補にも外国人が含まれていた。コロナ禍で海外渡航が制限される中、面談はZoomによりオンラインで実施した。経営陣が直接顔を合わせないままに、ギルソン氏を選任している。社長交代は来年4月1日付。田辺三菱製薬を完全子会社化し、経営に区切りがついたとして退任を申し出た越智氏は6月の株主総会後に取締役も退く。小林喜光会長(73)は留任する。

 「パフォーマンス(実行力)、ポテンシャル(潜在力)、変革に向けたパッション(情熱)、パーソナリティー(人柄)の4点で突出し、我々が求める人材だった」。指名委員会委員長を務める橋本孝之・社外取締役は記者会見で選出理由をこう説明した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り894文字 / 全文1399文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。