仏ルノー傘下のダチアが2021年に欧州市場で低価格帯の電気自動車(EV)を発売する。補助金適用後の価格は120万円台となる見通しで、中国で生産した車両を輸入販売する。中国では既に価格競争が激化しており、グローバル市場にもこの流れが浸潤していく可能性がある。

仏ルノー傘下のダチアが欧州に投入するEV「スプリング」

 仏ルノーは2021年に傘下のブランド「ダチア」から、欧州市場に低価格帯の電気自動車(EV)、「ダチア・スプリング・エレクトリック」を導入すると発表した。欧州メディアによると価格は1万5000ユーロ(約190万円)程度となる見通し。購入補助金などを差し引くと120万円台で購入することが可能になるという。

 現在、欧州市場で販売されている普及価格帯のEVは独フォルクスワーゲン(VW)の「ID.3」(約370万円から)、ルノーの「ゾエ」(約400万円から)など補助金適用前の価格で400万円前後が平均的。ホンダの「ホンダe」も350万円前後からだ。これらの半額程度となるスプリングの航続距離は225kmと短めだが、「欧州最安モデル」としてEV市場に一石を投じる存在になりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り963文字 / 全文1438文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。