全1429文字

一定条件下での手放し運転が可能になった、スバルの運転支援システム「アイサイトX」。半導体の調達などを工夫し、搭載する新型「レヴォーグ」の価格を他社の車種に比べ100万円以上割安にした。高級車を中心に導入が進んでいた安全システムが、より幅広い車種に普及する段階に入りつつある。

新型「レヴォーグ」を発表したスバルの中村知美社長

 SUBARU(スバル)は10月15日、新型ステーションワゴン「レヴォーグ」を年内に発売すると発表した。高速道路走行時の自動車線変更やレーンキープが可能な新たな高度運転支援システム「アイサイトX」を初めて搭載するモデルとなる。自動車専用道路で時速50km以下などの条件下での「手放し運転」も可能になった。

 アイサイトXを搭載するモデルとベース車種の価格差は35万円。ナビゲーションシステムや事故時などに対応するコネクティッドサービスを含めたもので、「価格にはかなり自信がある」(スバル)という。アイサイトXを搭載したレヴォーグは340万円台から。中村知美社長は「求めやすい価格水準で開発し、受け入れてもらうことが重要だ」と価格競争力の高さを強調する。