全1560文字

ファナックの事実上の創業者で名誉会長の稲葉清右衛門氏が2日に死去した。95歳だった。工作機械に指令を出すNC(数値制御)装置、産業用ロボットを伸ばして同社を世界的企業へと導いた。超ワンマン経営が注目されたが、経営者としての本質は世界の潮流を読む力、そして即断即決の行動力にあった。

ファナックを世界的企業に育てた(1989年撮影)(写真=中西 昭)

 「二度と起こすんじゃない、としかられました」。ファナックの山口賢治社長兼最高経営責任者(CEO)は生産技術の責任者だった2000年代前半、稲葉氏に大目玉を食らったことを鮮明に覚えている。中国での需要増を受けてロボット増産を急いだが、供給が一時遅れたことを稲葉氏は見逃さなかった。「悪い情報ほどトップに素早く届けて総力で対応しなければならない」。創業者の言葉から幾多の苦難を乗り越えた執念を山口氏は感じたという。

 稲葉氏は1946年に東京帝国大学を卒業し、富士通信機製造(現富士通)に入社。56年にNC装置を開発した。65年に黒字になるまで赤字の原因を徹底して究明した9年間の経験が、厳密な原価管理、事業の絞り込みなど、その後のファナックの代名詞とも言える経営スタイルを育んだ。

 72年に富士通から富士通ファナックとして分離独立し、75年に社長に就いた。富士山の裾野、山梨県忍野村に本社や工場を構え、一帯は企業カラーから「黄色い城」、稲葉氏の統率力から「清右衛門王国」と呼ばれた。長男でファナック会長の稲葉善治氏は「ファナックを世界最大のNC、ロボットのメーカーに育てた」と功績をたたえる。