エイチ・アイ・エス(HIS)は2日、220億円規模の資本増強をすると発表した。約80億円の第三者割当増資のほか、澤田秀雄会長兼社長とファンドに約146億円の新株予約権を発行する。当面の資金繰りにもめどがついたと市場は受け止めたが、生き残りのため一段の構造改革が欠かせなくなっている。

有利子負債が積み上がっていた
●HISの有利子負債の推移
<span class="fontSizeM">有利子負債が積み上がっていた</span><br><span class="fontSizeXS">●HISの有利子負債の推移</span>
注:2020年10月期は、7月末時点の数字

 旅行各社はGo Toトラベルで息を吹き返しつつあるがHISは事情が異なる。売上高の8割が海外旅行や訪日旅行で国内は1割弱。国内が約4割のJTBや6割のKNT-CTホールディングスに比べ、Go Toの恩恵が極端に少ない。

 その中で発表したのが香港のファンドを引受先とする約80億円の第三者割当増資と、澤田氏や同ファンドに発行する約146億円の新株予約権。岩井コスモ証券の川崎朝映シニアアナリストは「四半期ごとに業績が悪化していた。財務体質強化につながる」と話す。

 今回の調達がなければ、金融機関から最大895億円の即時返済を求められるリスクがあった。2018年に複数行から借り入れをした際、財務制限条項として「純資産を直前期の75%以上に維持すること」が義務付けられていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り979文字 / 全文1464文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。