施工不備の問題などから債務超過に陥り、経営再建を目指している賃貸アパート大手のレオパレス21。9月30日、ソフトバンクグループの米ファンド、フォートレス・インベストメント・グループの支援を受けると発表した。出資と融資の合計で約570億円となる支援によって、レオパレスは一息つけるが、市場は厳しい視線を向けている。

<span class="fontBold">米ファンド、フォートレス・インベストメント・グループからの支援を受け入れると発表したレオパレス21</span>(写真=日刊工業新聞/共同通信イメージズ)
米ファンド、フォートレス・インベストメント・グループからの支援を受け入れると発表したレオパレス21(写真=日刊工業新聞/共同通信イメージズ)

 「喉がカラカラで砂漠を歩む人に、高額で水を売るように見える」。フォートレスによる支援スキームについて不動産関係者はこう漏らす。

 レオパレスは2019年から再建に向けたスポンサー選定を始め、20年6月ごろにフォートレスとの協議が本格化した。賃貸アパートの入居率低下から経営は厳しく、8月7日に予定していた20年4~6月期決算発表は2度延期。9月30日にようやく発表にこぎ着けた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1128文字 / 全文1482文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。