ドナルド・トランプ 米大統領

9/23@ホワイトハウスで記者団とやり取り
大統領選前に(最高裁判事の指名・承認を)やることが望ましい。このいかさまは最高裁で争われることになる

(写真=AP/アフロ)
(写真=AP/アフロ)

トランプ米大統領は9月23日、11月の大統領選で不正が行われる恐れがあるとして、選挙後に法廷で争う可能性に言及した。トランプ氏は3日後の26日、先に死去したリベラル派の連邦最高裁判事の後任として自身の価値観に近い保守派の人物を指名した。次の大統領が指名すべしと主張していた野党・民主党の反対を押し切って指名を急いだのは自身が落選し、法廷で争った場合、有利な結果を引き出せるとの思惑がありそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り868文字 / 全文1160文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。