中国から世界各国に逃れた少数民族に中国当局の魔の手が伸びる。故郷に残る肉親を「人質」として、同胞に対するスパイを強要されたとの報告が後を絶たない。日本に住むウイグル族も標的だ。日本政府の対応が求められている。

<span class="fontBold">ニューヨーク市の警察官が逮捕された(写真はイメージ)</span>(写真=anouchka/Getty Images)
ニューヨーク市の警察官が逮捕された(写真はイメージ)(写真=anouchka/Getty Images)

 米ニューヨーク市警などは9月21日、中国当局のためにスパイ行為を働いた容疑で同市警の警察官バイマダジ・アンワン容疑者を逮捕した。米司法省は「少なくとも2014年から在ニューヨーク中国総領事館の指揮下で、在米チベット族のコミュニティーに入り込み、内通者の獲得に協力していた」などと指摘する。アンワン容疑者自身も中国出身のチベット族で、同胞の監視に協力するスパイに仕立て上げられていた。

 これは人ごとではない。日本にも中国の少数民族を監視するスパイ網が張り巡らされている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り972文字 / 全文1319文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。