ドナルド・トランプ 米大統領

9/11@米ホワイトハウスでの記者会見
歴史的な日だ。他の国も加わることを望んでいる。パレスチナも加わりたがっている

(写真=ロイター/アフロ)

トランプ大統領は9月11日、イスラエルとバーレーンの国交正常化合意を発表した。8月にアラブ首長国連邦(UAE)がイスラエルと国交正常化で合意したのに続く動き。背景には、共通の脅威であるイランの存在がある。トランプ大統領は大統領選に向けて、自らの政治手腕を誇示していく考えだ。一方で、パレスチナ自治政府はこうした動きに反発している。パレスチナ問題が置き去りにされかねない懸念がくすぶる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り870文字 / 全文1140文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。