NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」が悪用され、銀行の預金が不正に引き出された。キャッシュレス決済の競争で後じんを拝し、焦る中でセキュリティー管理が甘くなった面が否めない。IT(情報技術)をけん引し、日本のデジタル化を支える存在だけに、問題を引き起こした責任は重い。

NTTドコモは「本人確認が不十分だった」と謝罪した(写真=共同通信)

 「便利に使ってもらおうという考えだったが、本人確認が不十分だった」。NTTドコモの丸山誠治副社長は10日、預金が不正に引き出された問題についてこう謝罪した。

 ドコモ口座は、自分の銀行口座からお金をチャージし、買い物や送金に使える。犯人が何らかの手口で銀行の口座番号や暗証番号などを手に入れ、現金を不正に引き出した。ドコモが提携する35行のうち、11行で120件発生。被害総額は2542万円に上る。被害に遭ったほとんどの人が、ドコモの携帯サービスに契約していない人だ。

ドコモ口座を巡る不正の仕組み

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2362文字 / 全文2754文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。