ドナルド・トランプ 米大統領

9/4@記者会見
歴史上で最速の雇用回復を目の当たりにしている。前政権は米国史上最も遅く、弱く、最悪の回復だった

(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

米国の8月の失業率は前月の10%台から8%台へと改善した。トランプ米大統領はオバマ政権を批判しながら、経済政策の成果を訴えた。一方、大統領選で相対するバイデン前米副大統領はトランプ氏が2018年のフランス訪問時に「負け犬」と発言して第1次世界大戦で戦没した兵士の墓を訪れなかったとの米誌報道を問題視。トランプ氏は否定するが、バイデン氏は「記事が真実であれば、全ての米軍兵士に謝罪すべきだ」と述べた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り863文字 / 全文1137文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。