米流通業の両巨頭、ウォルマートとアマゾン・ドット・コムの戦いが新たな局面に入る。ウォルマートは店舗からの無料配送などを利用できる会員サービス「Walmart+」を開始する。「Amazon Prime」に対抗するサービスの投入は、米流通業界の大再編のきっかけとなるかもしれない。

<span class="fontBold">ウォルマートは店舗を拠点に当日配送を実現する</span>(写真=AP/アフロ)
ウォルマートは店舗を拠点に当日配送を実現する(写真=AP/アフロ)

 ウォルマートが9月15日に開始する「Walmart+」は、全米の半数以上の店舗エリアで当日配送を可能にするサービスだ。年98ドル、もしくは月12.95ドルのサブスクリプションサービスとして提供を始める。店舗と同じ値段で、食料品や日用品のほか、家電や玩具など16万アイテム以上を無料で配送する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1043文字 / 全文1341文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。