夜はバー、昼はカレー。焼き鳥ランチが夜はパスタ店に。そんな一風変わった「シェアレストラン」が増えている。営業時間外の店を貸したい外食店と、低コストで開業したい人を、吉野家ホールディングスが仲介している。間借り料金は家賃の3分の1から2分の1と安く新業態も試しやすい。苦境の外食産業で新たなモデルとなるか。

バーを昼間だけ「間借り」したブロッコリーと鶏胸肉の専門店

 ブロッコリーと鶏胸肉に、8種の特製ドレッシングだけ──。宅配・持ち帰り専門店「究極のブロッコリーと鶏胸肉」が、開業1年あまりで急速に店舗網を広げている。2019年8月の開業以来、関東から大阪、愛知へ広がり、今年8月21日に仙台市で26店舗目がオープンした。高たんぱく・低糖質なメニューが健康志向の消費者に受けた。

 実は、東京・渋谷の1号店は夜に別のオーナーが営業するバーを「間借り」したもの。平日の午前10時に営業を始めて、午後2時30分には看板を下ろす。間借り先は吉野家ホールディングス(HD)が運営するインターネットサイト「シェアレストラン」で見つけた。店舗を貸して副収入を得たい外食店と、低コストで開業したい人をつなぐサービスで、18年5月に始まり今年3月末に本格化。間借り先として居酒屋やカフェなど約450店舗が登録済みだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り884文字 / 全文1409文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。