ドナルド・トランプ 米大統領

8/15@記者会見
スノーデン氏については真剣に検討してみる。特別扱いすべきだという人もいれば、悪人だと見なす人もいる

(写真=AP/アフロ)
(写真=AP/アフロ)

トランプ米大統領は米国家安全保障局(NSA)元職員、エドワード・スノーデン氏に恩赦を与えるべきかを記者から問われ、「真剣に検討する」と返答した。以前はスノーデン氏について「裏切り者」「処刑に値する」と非難していた。今回、恩赦を示唆することで、11月の大統領選で左派の支持を得たいという思惑もありそうだ。スノーデン氏は米政府が運用する巨大な監視システムの存在を暴露し、刑事罰を恐れてロシアに亡命中だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り882文字 / 全文1161文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。