ESGへの取り組みが企業価値の向上にどう結びつくか。エーザイが自社をケースに分析した。人件費や研究開発費の増加が将来のPBR向上につながるといった相関が明らかに。分析を主導した柳良平CFOは、人を大切にする日本企業の強みを投資家に対しもっと説明すべきだと主張する。

エーザイにおけるESGとPBRとの相関を明らかにした柳専務執行役CFO(写真=社屋:ロイター/アフロ)

 「人件費投入を1割増やすと5年後のPBR(株価純資産倍率)が13.8%向上する」「女性管理職比率が1割改善すると7年後のPBRが2.4%上がる」「育児時短制度利用者を1割増やすと9年後のPBRが3.3%向上する」──。

 製薬大手のエーザイが自社をケースにこんな分析を明らかにした。主導したのはCFO(最高財務責任者)を務める柳良平専務執行役だ。早稲田大学大学院でも教壇に立つ財務の専門家として知られる。

 財務情報だけでなく、環境(Environment)、社会(Society)、企業統治(Governance)への取り組みを投資の判断材料とするESG投資が広がりを見せている。ただ、具体的にどういう行動が投資家に評価され、企業価値の拡大に結びつくのかは明確ではなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り943文字 / 全文1421文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。