全2593文字

新型コロナ禍で苦しむ産業を救済するための政府の需要喚起策「Go Toキャンペーン」。国内旅行費の半額を支援する「Go Toトラベル」は、感染が再び増える中での実施となり批判を呼んだ。一方、需要が激減する外食店を対象にした「Go Toイート」事業にも問題点が浮かび上がっている。

 農林水産省が準備を進めているGo Toイート事業は、2つの制度に分かれている。予算額はそれぞれ767億円で、いずれも来店を促して経営に苦しむ外食店を応援する狙いだ。

 一つは「プレミアム付き食事券の発行」。外食店で使える1万2500円分の食事券を1万円で販売する。都道府県や政令指定都市、東京都特別区など、利用は地域内に限定されている。

 もう一つが、「オンライン飲食予約に対するポイント付与」。グルメサイトなどでオンライン予約した来店客に、昼食時間帯は500円分、夕食なら1000円分のポイントを付与する。1回目の食事は通常通りに決済する必要があるが、2回目以降はポイントを支払いに利用でき、同時に次回の食事向けのポイントもたまる仕組みだ。この制度に対して「グルメサイトに極端に有利」(外食関係者)との声が上がっている。

オンライン予約はグルメサイト有利
●Go Toイート事業の概要