英国政府が、次世代通信規格「5G」の通信網から中国・ファーウェイを完全に排除することを決めた。製品のコストパフォーマンスの良さから、ファーウェイは英国の通信業界に深く浸透し、存在感を高めてきた。ヒト・モノ・カネにおける蜜月関係が途切れることは、英国、ファーウェイの双方にとって大きな傷手となる。

<span class="fontBold">英政府はファーウェイとの蜜月関係に終止符を打った</span>(写真=上:ロイター/アフロ)
英政府はファーウェイとの蜜月関係に終止符を打った(写真=上:ロイター/アフロ)

 ついに英政府が長年の蜜月関係に終止符を打った。7月14日、次世代通信規格「5G」の通信網から中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)を2027年までに排除することを正式に決めた。21年からファーウェイ機器の新規購入を禁止する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1060文字 / 全文1332文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。