ANAホールディングス(HD)と日本航空(JAL)の2020年4~6月期の連結最終損益は大幅な赤字となった。誤算は、新型コロナウイルスの感染が底を打って8月には需要が回復していると読んだシナリオが崩れたことだ。鉄道会社を含む運輸各社はコロナ禍を耐え忍ぶだけでなく、半額プランなど集客への新手を繰り出し始めた。

ANAHDの最終赤字は1088億円に
●四半期の売上高、最終損益
<span class="fontSizeM textColTeal">ANAHDの最終赤字は1088億円に</span><br /><span class="fontSizeS textColTeal">●四半期の売上高、最終損益 </span>
[画像のクリックで拡大表示]

 ANAHDが過去最大の赤字に──。同社が7月29日に発表した2020年4~6月期の最終赤字は1088億円で、四半期決算の開示を始めた04年3月期以降、最大の金額となった。JALも937億円の赤字だった。

 金額の大きさが目立つが、想定されたことではあった。国際線も国内線もほとんど動かず、大手幹部は5月の時点で「2社で2000億円の最終赤字になる」と予想していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り922文字 / 全文1265文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。