新型コロナウイルスにより、外食店経営で常識になっていた「成功の方程式」がことごとく崩れ去った。競争の軸だった好立地や人材の採用が負担になり、高級有名店からチェーン店まで閉店が相次いでいる。経営の前提が完全に変わった以上、新たなイノベーションを生まなければ生き残れなくなる。

 東京・六本木の豚しゃぶ専門店「豚組しゃぶ庵」が10月末の閉店を決めた。2007年に開業し、起業家やIT企業社員らに愛され、いち早くTwitterを集客に活用。安倍晋三首相が来店したことでも知られる。

 そんな有名店も新型コロナ禍に抗えなかった。4月の緊急事態宣言を受けて休業し、解除後も客足はコロナ前の6割にとどまる。一般的な外食店のコスト構造は「FL(食材費と人件費)」が売上高の6割程度。家賃を支払って、利益が10%残れば良いほうだ。売り上げが1~2割減れば、立ち行かなくなる。

 人々の生活習慣を変えるコロナ禍が外食に及ぼす影響は大きい。豚組オーナーの中村仁氏は「コストを切り詰めて危機を乗り越えても長期的な安定は難しい」とみている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り857文字 / 全文1319文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。